ズームレンズ

フルサイズ対応のSONY Eマウントレンズ総まとめ!純正からサードパーティまで

28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)

SONY Eマウントのレンズはまだまだ少ない。

Canon EFマウントやNikon Fマウントに比べ圧倒的に歴史が薄いためである。しかし2017年にエポックメイキングなSONY α9が発売したことにより、サードパーティ含め一気にレンズが充実してきた。

そこでここにレンズをまとめておこうと思う。

あわせて読みたい
僕の考えるコスパの高いSONY Eマウントレンズ構成3通りはコレだ!後発のマウントでサードパーティも少ない。そんな状況は過去の話。 SONY Eマウントレンズのラインナップはかなり充実してきた(最近は高...

SONY Eマウントのズームレンズ

正直なところ、ズームレンズのラインナップはまだまだ貧弱である。

なぜならズームレンズはほとんど日本のメーカーしか作れないと言っていいからである。ほとんど純正レンズにはなってしまうが、ズーム域に分けて紹介する。

フルサイズ対応の広角ズームレンズまとめ

FE 24-105mm F4 G OSShttps://www.sony.jp/ichigan/products/SEL24105G/

下記のリンクを参考にされたい。

2018年8月現在、広角ズームレンズはSONY純正しか存在しない。

ミラーレスは広角に強いはずなのに、たったこれだけしかラインナップがないのは寂しい限りである。

フルサイズ対応の標準ズームレンズまとめ

28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)http://www.tamron.jp/product/lenses/a036.html

下記のリンクを参考にされたい。

2018年、標準ズームに待望のTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)が加わった。

TAMRONが広角や望遠レンズも追加してくれることを祈るばかりである。

フルサイズ対応の望遠ズームレンズまとめ

FE 70-200mm F2.8 GM OSShttps://www.sony.jp/ichigan/products/SEL70200GM/

下記のリンクを参考にされたい。

2018年8月現在、望遠ズームレンズはSONY純正しか存在しない。

しかし、SONYも中望遠域の単焦点レンズを多くラインナップしている。この調子で是非ズームレンズも充実させていって欲しい。

SONY Eマウントのズームレンズ

正直なところ、ズームレンズのラインナップはまだまだ貧弱である。

なぜならズームレンズはほとんど日本のメーカーしか作れないと言っていいからである。ほとんど純正レンズにはなってしまうが、ズーム域に分けて紹介する。

フルサイズ対応の広角単焦点レンズまとめ

FíRIN 20mm F2 FE MFhttp://www.tokina.co.jp/camera-lenses/Firin_20mmF2FEMF.jpg

下記のリンクを参考にされたい。

広角単焦点レンズはサードパティ含め非常にラインナップが豊富である。

AF対応のものやMFだが電子接点付きのものを上記リンクで紹介している。ミラーレスの広角への優位性がよく生かされていると感じる。

フルサイズ対応の標準単焦点レンズまとめ

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Arthttps://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_50_14/features/

下記のリンクを参考にされたい。

焦点距離50ミリ前後の単焦点レンズをまとめてみた。

50ミリ前後というだけでここまでラインナップがあるのは流石“標準”と言ったところか。

高価なものから安価なものまであるので、用途に合わせて選んで欲しい。

フルサイズ対応の望遠単焦点レンズまとめ

FE 400mm F2.8 GM OSShttps://www.sony.jp/ichigan/products/SEL400F28GM/

下記のリンクを参考にされたい。

望遠域はSONY純正も充実のラインナップをもつ。2018年にはプロ向けの100万円以上するレンズも販売を開始した。

なお、上記記事ではマクロレンズも合わせて紹介している。

あわせて読みたい
僕の考えるコスパの高いSONY Eマウントレンズ構成3通りはコレだ!後発のマウントでサードパーティも少ない。そんな状況は過去の話。 SONY Eマウントレンズのラインナップはかなり充実してきた(最近は高...